民事再生とは?弁護士に依頼できる仕事内容を知ろう
ロゴ

民事再生を依頼する時は弁護士を利用しよう

弁護士に依頼できる仕事内容

大阪の弁護士にはさまざまな仕事を依頼することができます。ですが、税理士と弁護士の仕事内容には一部重複していることがあります。なので、ここからは税理士と弁護士の役割を見ていきましょう。

弁護士と税理士の役割

弁護士

弁護士は基本的に法律に関するトラブルを扱っています。法律の相談や交渉、示談といった内容について関わることの多い仕事となっています。

税理士

税理士は税務に関することを行っています。相続税の申告や管理などを行っています。弁護士は税務関係の事案であっても法律に関係することであれば着手できます。

民事再生とは?弁護士に依頼できる仕事内容を知ろう

男性

民事再生について

弁護士は民事再生についての事案も取り扱います。民事再生とは、経営が上手くいかなくなった企業を倒産させるのではなく、再建させるための法的整理のことを指しています。もし企業が倒産に近付いている場合は、民事再生を弁護士に相談してみましょう。民事再生することができれば、倒産せずに事業を続けていくことができます。

書類にハンコを押す人

弁護士は幅広い仕事を受けられる

税理士や司法書士には、相続手続きを依頼することが可能です。ですが、弁護士に依頼することも可能です。弁護士は士業の中でも一番多くの種類の仕事を受けることができます。弁護士によっては知識がないので、受けられないということもあることもあるので、事務手続き関係のことは専門の士業に依頼した方が確実です。

依頼内容によって使い分ける

士業にはさまざまな種類の資格があります。資格によって受けられる仕事の内容が変わるので、自分が依頼する内容に対応しているかどうか調べてから利用するようにしましょう。